買収の際に気をつけたいこと

買収に伴うリスク

買収に伴うリスクとして代表的なものをご紹介します。

追加費用

簿外債務や税金未納、賠償請求などにより追加で費用が必要なケースがあります。(財務・税務・法務DDなどを行うことでヘッジできます)

人材流出

M&Aという文化が少しづつ一般化してきたとはいえ、中にはM&Aという言葉にアレルギーをもつ方も少なからずいらっしゃいます。

M&Aで自分の会社が売却され、労働環境がまったく変わってしまうと勘違いし、退職者が続出するというケースもあるようですので、きちんと引き継がれる会社の従業員へ新体制の説明が必要です。

文化の違い

企業はそれぞれ文化を持っています。
まったく違う価値観の企業が一つになるため、取引先への接し方、業務の進め方、上司への報告の仕方など全てが異なります。

それぞれの文化を大切にし、少しづつ統一させていくことが重要になりますが、文化の違いが及ぼす、顧客への影響、従業員の人間関係などへの影響はリスクになり得ます。

前は
【 買収時に必要な書類・資金 】