買い手企業について

事業の成長を目指す会社

M&Aで企業を買収しようという会社には、様々な会社があります。上場企業〜中小・新興企業まで成長を目指す全ての企業です。

”成長”と一言でいっても、その方法はことなります。

同業の会社を買収し規模の拡大を図りたい企業、本業と直接的には関わりはないが、相乗効果を生める新規事業をスタートしたい企業、規模や商圏ではなく、キラリと光る技術力やノウハウを手に入れたい企業など成長の方法は一つではありません。
例えば規模の大きな上場企業が、地方の中小企業を買収するというケースも多々あります。

現代の経済環境は、ほっておけば日本全体が伸びていた、成長期とは異なり現状維持をすることすら簡単ではありません。
ITの進化や規制緩和により、あらゆる業界から参入が容易になっており、より競争が激しくなっています。
”維持”することも持続的な成長なくしてできないという環境です。

そのために、新たな収益の柱、より広域な商圏、競争力の高い技術をM&Aという手法により手にしたい企業は多く存在します。
多くの上場企業も経営計画でM&A戦略を謳っているように、M&Aは事業の成長に重要な戦略になっています。

前は
【 事業承継M&Aで変わること 】