事業譲渡・会社譲渡をご検討の方へ

事業譲渡・会社譲渡のメリット

現在多くの日本企業が直面している後継者問題の解決や円滑な事業承継についてはもちろん、事業の選択と集中、スリム化、収益化、スポンサー確保による事業拡大など、ケースにより譲渡のメリットは異なります。

一口にM&Aによる譲渡と言っても、何を狙いにするかによって、やり方・交渉の仕方は異なってきますが、自分が育て上げた事業をできるだけ高く評価してもらい、より成長させてくれるであろう継承者に譲り渡すという原則は変わりません。

一義的には、譲渡することにより、譲渡された事業が持続的な成長を果たすことができるということが最大のメリットといえます。

「自分の会社は売れるのか・・・」とご心配な方へ

M&Aの現場では、様々な企業から相談があります。

地方の老舗有力企業で、業績も堅調であるが、後継者が不在で事業承継を検討している企業、また何らかの原因により赤字・債務超過に陥り、自力での再生が難しくなっている企業、代々一族経営を小所帯で続けてきたが、人材の採用が困難になっており、大企業の傘下に入りブランド力を付けたい企業などです。

売手企業が様々であるように、買手企業も様々です。企業の性質それぞれに、最適な譲渡先は存在します。

企業の再生が得意な買手企業も存在しており、業績や財務状態が決してよいとは言えない企業、借入金が大きい企業、債務超過の企業でも譲渡された例は無数にあります。

自分の会社は難しい、とご自身で判断せず、まずはアドバイザーに相談されることをお勧め致します。

前は
【 M&Aアドバイザリー支援サービス 】